アドラー 勇気 心理学 心理療法 自己超越

アドラー心理学(個人心理学)とロゴセラピー(実存分析)

2022/11/28

個人心理学と実存分析、この二つの心理学派には全体論、主体論、目的論と言った共通点があります。しかし、個人心理学には足りないものがあります。

それは「勇気」における「謙虚さ」です。

[/st-mybox]

ReadMore

心理療法

古典的心理療法学派とフランクルの人間観の違い

2022/11/20

フロイト・アドラー・ユングの三人の古典的心理療法学派とフランクルの人間観の間における最大の違いは、最終的には、人間の内部意識の世界に治療方法を見つけるか、それとも人間の外部の世界にあるものに治療方法を見つけるかです。

ReadMore

勇気

本当の勇気とは何でしょう?

2022/11/20

本当の勇気とは何かについて考察します。

ReadMore

自己超越

人間の「意味への意志」が目指すもの

2022/11/11

人間の「意味への意志」は人間の良心と深く関わっています。

ReadMore

自己超越

自己超越としての「意味への意志」

2022/11/20

フランクルの「意味への意志」は自己超越的です。

ReadMore

心理学

意味への意志

2022/11/20

「意味への意志」とは最も人間的な意志であり、人間が生きている意味を求める意志なのです。

このことが人間が単なるロボットやコンピューターではない証なのです。

ReadMore

エネルギー

二つの意識レベル

2022/11/17

意識レベルには医療における意識レベルと魂(精神)の意識レベルの二つがあります。
この二つは全く別のものです。勘違いしないようにしましょう。

ReadMore

自己超越

ユーモアは自己超越の能力です

2022/11/20

ユーモアは人間誰もが持っている自己超越の能力です。

ReadMore

自己超越

人間の自由意志とは何か

2022/11/20

人間の自由意思は「錯覚であり、幻想である」ということが最近の科学的実験によって証明されてしまった!!・・・ようです。
人間の自由意志とは何なのでしょうか?

ReadMore

人生哲学

フランクルの人生肯定的世界観

2022/11/20

フランクルは一貫して人生肯定的世界観を唱えています。

ReadMore

アセンション

今、人間はコロナウイルスによって試されている?

2020年10月30日

この記事のココがポイント

コロナウイルスは人類に対してアセンションを促しているかもしれません。

人間とコロナウイルスとの戦争

コロナウイルスが世界中で猛威を振るっています。

今、人間はコロナウイルスによって試されているのかもしれません。

今世界中でコロナウイルスの感染拡大が起こっています。

これは、人間と新型コロナウイルス(COVID-19)によるある意味、戦争です。

静かなる第三次世界大戦が始まってしまったようなものです。

このコロナウイルスは目に見えない恐怖による、人間の精神的な戦いの他に、人間の経済にも大変な影響を及ぼしています。

一体、いつこの戦争は終わるのでしょうか?

しばらくは、このコロナウイルスはついて回ることになるでしょう。

第一波が去っても、第二波、第三波と襲って来ています。

しかし、それをいつまでも恐れていては、経済も人間の生活も袋小路となってします。

これからは、パソコンでのオンライン等、での新しい形のコミュニケーションの仕方で生活し、新しい形の経済の発展をすることが求められてくるのだと思います。

人間は自分の周りの状況がどのように制限されても、精神は自由ですので、人類の知恵ですべて克服することが出来ると思うのです。

コロナウイルスに対する薬とワクチンの開発が急がれますが、開発はなかなかすぐにはできないようです。

この戦争で人間は、自分自身の内面にある精神性に目覚め、人間の精神的次元を上昇させる(アセンション)ことができる、良い機会となるでしょう。

人間である自分と自分の内部にある「神」とによる対話で、一体アセンションできる人間は何人いるでしょうか。

もしアセンションができた人間がいるならその人間は、救世主となり得るかもしれません。

一千万人の内の一人でも本当にアセンションできれば人類の未来は明るいと思います。

コロナウイルスによる差別

コロナウイルスが流行りだして、コロナウイルスにかかった人間が差別されるという人間の悲哀が起こっています。

に病院の中にいる医師や看護師が差別されると言いうことが行われています。

この恥ずべき行為はコロナウイルスによる恐怖心が起こしている人間の悲哀です。

自分がコロナウイルスにかかった場合はどうなるのか考えればわかることなのですが。そこが人間の浅はかさというべきものなのです。

このコロナウイルスは人間の人間性を試しているかのように広まっています。

かからないようにするのは当たり前ですが、人間が精神的に低い次元へと成り下がるのを防がなりません。

まともな人間と、まともではない人間がいる

フランクルは、「夜と霧」の著作で、収容所の中で、ある現場監督(被収容者)が、自分の食べる朝食のパンをフランクルにくれたエピソードを通して、まともな人間と、まともではない人間がいる、と言うことを述べています。

「夜と霧」の新書と旧書では訳され方が違っているので、新旧両方の訳の引用をしてみます。。

こうしたことから、わたしたちは学ぶのだ。この世にはふたつの人間の種族がいる、いや、ふたつの種族しかいない、まともな人間とまともではない人間と、ということを。

夜と霧 V・E・フランクル ランクル著作集第一巻 みすず書房 p144~145

これらすべてのことから、われわれはこの地上には二つの人間にの種族だけが存するのを学ぶのである。すなわち品位ある善意の人間とそうではない人間との「種族」である。そして二つの「種族」は一般的に拡がって、あらゆるグループの中に入り込み潜んでいるのである。

夜と霧 V・E・フランクル ランクル著作集第一巻 みすず書房 p196

新書の訳では

人間にはまともな人間と、まともではない人間がいる

旧書の訳では

人間には品位ある善意の人間とそうではない人間がいる

アウシュヴィッツ強制収容所の中で収容所の看視兵の中には、囚人に自分の一片のパンを与えていた、まともな人間もいたと言っています。

人間には、このまともな人間と、まともではない人間とが、混ざり合って世界中に存在していると言っています。

重要なことは、人間は、まともな人間にでも、まともではない人間にでも、その時その時の瞬間に、決断することによって、どちらにでも人間は成ることが出来るということです。

ふたつの人間の種類

善人

品位あるまともな人間

悪人

まともではない人間

要するに、人間には善人と悪人が存在するのです。

人間は善人か悪人か、どちらにでもなれるように、自由に作られています。

二種類の内のどちらになるかはその人間の自由であるということです。

我々人間は「善意ある、まともな人間」を常に目指して決断し行動しなければ、アセンションへの道はないのです。

また、フランクルはアウシュビッツ強制収容所の中で、天使になった者と豚のごとくなった者もいたと言っています。

豚のごとくなった者は、もう何も興味が無く何もせず、ただ漫然と豚のごとく生きているだけとなり、天使になった者は、アウシュビッツ強制収容所の中にあるガス室の中に堂々と「神に栄光あれ」と言ってアセンションしながら堂々入っていくことが出来たのです。

この天使になった者は、無条件の意味の無条件の信仰から「精神の反抗力(フランクル)」で堂々とガス室に入ることができたのであり、本当のアセンション(次元上昇、悟り)することができたのでした。

このアセンションした人間が最後に取った栄光ある精神的態度や行動を我々人間は、見習わなければならないのです。

「川でおぼれている人間を見たら飛び込んで助ける」、「困っている人を見つけたら助ける」、「何かの犠牲になって自分が最後を迎えてしまう」等です。

このような態度を取れるように「成る」ことが人間の本当のアセンションであり、その人間の精神的次元の上昇なのです。

なかなか、そういうアセンションをすることは難しいかもしれません。

しかし人間は「成るためにある」のですから、そう成るように努力をし、決断することによって、その時その時の状況に対する態度を、自分の神である自分の良心に問いかけ、「当為(こうであるべきこと)」の中から「存在(こうであること)」の中に実現させていくことはできるのです。

人間の一人一人の崇高な態度や行動が模範となり、波紋を広げ、人類全体のアセンションを実現させることができるのです。

アセンションへと努力しよう。

まずはこの文章を読んでいるあなたが救世主になることができるのかもしれないのです。

自分のできることから始めましょう。

まず困っている隣人をできる限り助けましょう。

ここで、私自身のことについては、棚に上げておきたいと思います。

なぜなら私自身はまだまだ、修行中の身なので、とてもアセンション(悟り、覚醒)までの道のりは遠いのです。・・・

そう成ることが理想であるということなのです。

スポンサーリンク

私が使った商品ランキング№1

メガネが曇りにくいKN95マスク

日本製、N95超えマスク,五層構造マスク
 

丸山式コイル ブラックアイ

初めは、こんなもので痛みが解消されるはずはないと思っていました。

まあ騙されたと思って、腱鞘炎の腕に貼ってみました。

夜お風呂に入った後、私は医療用の大きめの救急カットバンでこのコイルを張り付けました。

丸山式コイルブラックアイ専用貼り付けシールが添付されているのですが、少し小さくて剥がれて亡くす恐れがあるからです。

朝起きるとほとんど痛みが消えていてびっくりしました。

亡くさなければ何度でも使用できます。

明日は会社を休もうかと思うほど痛かったのですが、不思議でした。

痛み解消の説明いろいろありますが、

要するに人間の有害 な電磁波をコイルによって打ち消してしまうと言う様な事ではないかと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

金の茶葉

人間が持っている自由と責任を自覚し、精神的次元を上昇をさせ、正しい決断をして、世界の平和と人類の繁栄を促していくサイトです。

-アセンション
-