自己超越

人間の「意味への意志」が目指すもの

2022/6/1

人間の「意味への意志」は人間の良心と深く関わっています。

ReadMore

自己超越

自己超越としての「意味への意志」

2022/6/5

フランクルの「意味への意志」は自己超越的です。

ReadMore

心理学

意味への意志

2022/4/24

「意味への意志」とは最も人間的な意志であり、人間が生きている意味を求める意志なのです。

このことが人間が単なるロボットやコンピューターではない証なのです。

ReadMore

エネルギー

二つの意識レベル

2022/3/16

意識レベルには医療における意識レベルと魂(精神)の意識レベルの二つがあります。
この二つは全く別のものです。勘違いしないようにしましょう。

ReadMore

自己超越

ユーモアは自己超越の能力です

2022/3/16

ユーモアは人間誰もが持っている自己超越の能力です。

ReadMore

自己超越

人間の自由意志とは何か

2022/6/19

人間の自由意思は「錯覚であり、幻想である」ということが最近の科学的実験によって証明されてしまった!!・・・ようです。
人間の自由意志とは何なのでしょうか?

ReadMore

人生哲学

フランクルの人生肯定的世界観

2022/5/8

フランクルは一貫して人生肯定的世界観を唱えています。

ReadMore

スピリチュアル

アカシックレコードについて

2022/3/16

アカシックレコード論は仮説にすぎないのです。

ReadMore

スピリチュアル

ワンネス意識

2021/8/14

ワンネスには神の存在の有無によって解釈が分かれます。

ReadMore

自己超越

絶対絶望しない方法

2021/7/15

ココがポイント 絶望とは相対的な価値を絶対化することで起こる現象です。 ある一つの価値が絶対であることはありません。 絶望とは何でしょうか? 絶望するということはどういうことでしょう? 絶望した人は、絶望したその物事を絶対化し、これが最高の価値だと勝手に自己判断をしてしまっているのです。 価値というものは、相対的なものです。 ある人にとって、一つの価値というものは重要ですが、その一つの価値だけが、その人にとって、すべての価値ではないのです。 価値は人それぞれ様々であり、その人にとっての価値というものも、た ...

ReadMore

アセンション

高次元の存在と神

2020年11月6日

この記事のココがポイント

高次元の存在と神と呼ばれるエイリアン

高次元の存在とは?

高次元の存在とは、スピリチュアルでの神です。これは古代宇宙飛行士説に基づいたものであり、外惑星のエイリアンのことを、ほとんどの場合に言い表します。

高次元の神とは、すなわち「神と呼ばれるエイリアン」のことです。

一人一人の精神的な次元上昇

本当にアセンションするということは、どういうことなのでしょう?

個人がアセンションする。

世界がアセンションする。

宇宙がアセンションする。

スピリチュアル系のアセンションとはミクロ的なものから、マクロ的なものまで幅が広いのです。

アセンションはスピリチュアル系の考え方としては、勝手にアセンションすると言われています。

だから「アセンションに乗り遅れる」、という言葉が一部のユーチューブで投稿されることが多いのです。

アセンションは、ただ漫然と生きていれば勝手に起こってしまうのでしょうか?

今、様々なスピリチュアル系の人達が、ヒーリング、チャネリングと称して、高次元の存在達と繋がろうと考え、アセンションしようとしています。

高次元の存在達と繋がることができればそれで、アセンションは起こるのでしょうか。

ここでまず大事なことは、人間一人一人が精神的な次元の上昇を果たさなければ本当のアセンションは起こらないということです。

ただ単にヒーリング、チャネリングを受けていればアセンションが起こると容易に考えている人がいるがそうではありません。

人間は未完成な存在であり、今ここに在るだけの存在ではなく、

これから自分が成らなければならないものに、成らなければならない存在なのです。

神と呼ばれるエイリアン

アセンションを唱える場合、スピリチュアル系の人達は、古代宇宙飛行士説を元に、宇宙との繋がりを強く主張しています。

古代宇宙飛行士説によれば、神と呼ばれるエイリアン達は、人間を未完成のまま造りました。

そして、神と呼ばれるエイリアン達は、自分たちの子供である人間を、永遠に生かすことはしなかったのです。

人間はなぜ未完成なのでしょうか?

それは人間がまだ、低次元の精神性しか持っていないからなのです。

人間はまだ、精神性が乏しく、未完成であるため、神と呼ばれるエイリアン達は「精神」と言ういわば、「鍛錬の場所」を造ったのです。

「精神」は人間の「修行する魂」の入っている場所なのです。

しかし、人間は神そのものにはなることはできません。

この「神そのものにはなれない」ということを人間は、肝に銘じなければなりません。

神と呼ばれるエイリアンは、我々人間を永遠に生かさず、だいたい100年余りの寿命を与えました。

なぜ「100年余りの寿命」しか、人間に与えなかったのでしょう?

それは、低次元の人間に永遠の命を与えれば、怠惰の道に走り、一日一日を一生懸命に生きるということをやめてしてしまうからです。

つまり、人間に「精神の倦怠」が起きてしまい、精神を向上させようとは全くしなくなってしまうからです。

人間は基本的に有限な存在であり、日々努力して精神的に向上し、上昇していくといったアセンションをしなければならないのです。

そのように神と呼ばれるエイリアンは、人間を造ったのであり、人間は死ぬまで未完成なままの存在なのです。

ここに人間の精神的努力、悟り、覚醒、アセンションといった言葉で、人間の精神性を鍛える次元、すなわち「精神(魂)」というものがあるのです。

本当にチャネラーやヒーラーが高次元の存在と繋がっているとすれば、過去にアブダクションによって繋がるように、神と呼ばれるエイリアンに何かされたのかもしれなません。

もし、本当に高次元の存在と繋がっていて、高次元の存在と交流できる人間がいるなら、自分の神である良心に問いかけ、高次元の存在からの信号を読み取り、それを解釈して無条件の意味への無条件の信仰によって、何を訴えようとしているのかを読み取り、有益な情報であれば、人類に指導すべきです。

キリストのように。

関連記事・・・無条件の意味への、無条件の信仰

キリストとエイリアン

神と呼ばれるエイリアン達は、未だに人間の傍らに存在しません、それはなぜでしょう?

神と呼ばれるエイリアン達は、高度な自分達のエイリアン技術と言ったような情報を、人間にはまだ、教えられないと思っているからです。

もし、今現在エイリアン達が、精神的に、まだまだ未熟な人間たちに、エイリアンたちの有益な技術情報を人間に教えたとしたら、大変なことになってしまうでしょう。

もし教えたとしたら、即この世の終わりになってしまいます。

まず人間の精神性の向上が、何より先に行われなりません。

そうでなければ神と呼ばれるエイリアン達との共存など、ほど遠いのです。

人間の精神は、まだ発達段階であり、神と呼ばれるエイリアン達と共存できるような段階には達していないということなのです。

そうでなければ、とっくの昔に人間の傍らで共存しているはずです。

神と呼ばれるエイリアン達は、その子供であるはずの人間には、まだまだアセンションが必要であり、まだまだ指導し続けなければならないと思っているのかもしれません。

アーサー・C・クラークと言うイギリスのSF作家は「十分に発達した科学は魔法と区別がつかない」と言っています。

キリストが様々な奇跡を起こしたと聖書に書かれています。

キリストが何か、奇跡を起こしても、キリストが外惑星人の何らかの影響を受けていると考えて、高いエイリアンの科学技術によって、奇跡を起こしたと考えれば、十分に説明が付くのです。

キリストは人間の前で様々な奇跡を起こし、様々な教えを広めました、人間にもっと高次元の精神を持つように啓蒙しようとしたのです。

神と呼ばれるエイリアンは人間を大洪水で絶滅させたことがあります。

このことは、「ノアの大洪水」と言う神話によって受け継がれています。

その後、今現在、人間の精神的次元は上昇したのでしょうか?

いまだに争いが絶えない、この三次元の世界は、まだまだアセンションできてはいません。

神と呼ばれるエイリアン達は、またノアの大洪水のような災害を起こすのでしょうか?

そうならないためにも人間は個人個人の精神的次元を上昇させなければならないのです。

今人間は本当にアセンションしなければなりません。

そうでなければ人類は本当に滅亡してしまうでしょう。

資源の枯渇、海洋汚染、大気汚染等、考えてみればいくらでも人類滅亡の要因が目の前に迫ってきているのです。

アセンションし、人々の模範と成りましょう。

アセンションするには、個人個人が目覚めなければなりません。

個人個人が自分自身の内部にある神と対話しなければなりません。

人間は「良心」と言うものを誰でも持ています。

良心は神の声を聴く場所です。

人間は、この「神」に一番近い「自分の良心」に耳を傾け、その考えを実際の行動に移していかなければならないのです。

一千万人の内の一人でもアセンションできれば、それが模範となり、そこから波紋が広がり、近くの隣人がアセンションすることができるのです。

この一人のアセンションした「模範者」は「救世主」と呼ばれる者に成れるかもしれません。

もし、「模範者」に成れる人が見つかった時、人類の平和と繁栄に繋がる要素となるのです。

最上位の神の存在

さて、神と呼ばれるエイリアン達のその上の神は存在するのでしょうか?

その上の大宇宙の神は私はいると思います。

次元という考え方をすればいると思うのです。

大宇宙の最上位の神も、神と呼ばれるエイリアン達に、存在と当為、を常に意識して宇宙の秩序を守るようにと見つめているに違いありません。

関連記事・・・存在と当為の間の溝

 

スポンサーリンク

私が使った商品ランキング№1

洗えるN95マスク

マスクをいろいろ試した中で一番良かったマスクです。

マスクは普通市販されているサージカルマスクでは本当に自分をウイルスから守ることはできません。

普通市販されているサージカルマスクは自分がコロナウイルスに罹った場合、人にうつさないという点では効果があります。

しかし、ウイルスから自分を守るためには、病院などで使われているN95マスクが良いのですが、値段が高く、何回も洗うことはできません。

今回紹介するこのマスクは、N95相当のマスクです。

このマスクは、濡れたタオルで軽く拭き、ドライヤーなどで高温抗菌処理することが出来ると、送品リンクにあります。

ということは、熱湯をかけても生地は傷まないということですので、私は以前は熱湯消毒をしてから、石鹸をつけて汚れた部分を手で丁寧に洗って干し、乾かして使ってていました。

今は、次亜塩素酸で抗菌してから石鹸で手洗いして陰干ししています。

洗濯機を使う場合は、記事を傷めないためにも、洗濯ネットを使って洗濯機でもいいと思います。

洗剤は界面活性剤入りの洗剤の方が抗菌になります。

私は二枚を一日ごとに洗って、交互に使っています。

二か月使っても型崩れしません。

三か月も使うと、さすがにマスクの紐の根元のところが取れたり、表や裏の不織布が破れることがありますが、その時は寿命だと思って捨てましょう。

このマスクの会社では、もっと安価なマスクもありますが、そちらは4層構造ですので、少し性能が落ちます。

今回紹介するマスクは5層構造になっていますのでより高性能です。

使用感は、顔にピッタリフィットして、1日中このマスクをしていても、耳に掛けるゴム紐で耳が痛くなったことはありません。

このマスクをかけて運動することはやめましょう、呼吸困難になります、N95マスクなので。

丸山式コイル ブラックアイ

初めは、こんなもので痛みが解消されるはずはないと思っていました。

まあ騙されたと思って、腱鞘炎の腕に貼ってみました。

夜お風呂に入った後、私は医療用の大きめの救急カットバンでこのコイルを張り付けました。

丸山式コイルブラックアイ専用貼り付けシールが添付されているのですが、少し小さくて剥がれて亡くす恐れがあるからです。

朝起きるとほとんど痛みが消えていてびっくりしました。

亡くさなければ何度でも使用できます。

明日は会社を休もうかと思うほど痛かったのですが、不思議でした。

痛み解消の説明いろいろありますが、

要するに人間の有害 な電磁波をコイルによって打ち消してしまうと言う様な事ではないかと思います。

爆速NURO光

ニューロ光導入前

導入後

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

金の茶葉

人間が持っている自由と責任を自覚し、精神的次元を上昇をさせ、正しい決断をして、世界の平和と人類の繁栄を促していくサイトです。

-アセンション
-,