アドラー 勇気 心理学 心理療法 自己超越

アドラー心理学(個人心理学)とロゴセラピー(実存分析)

2022/11/28

個人心理学と実存分析、この二つの心理学派には全体論、主体論、目的論と言った共通点があります。しかし、個人心理学には足りないものがあります。

それは「勇気」における「謙虚さ」です。

[/st-mybox]

ReadMore

心理療法

古典的心理療法学派とフランクルの人間観の違い

2022/11/20

フロイト・アドラー・ユングの三人の古典的心理療法学派とフランクルの人間観の間における最大の違いは、最終的には、人間の内部意識の世界に治療方法を見つけるか、それとも人間の外部の世界にあるものに治療方法を見つけるかです。

ReadMore

勇気

本当の勇気とは何でしょう?

2022/11/20

本当の勇気とは何かについて考察します。

ReadMore

自己超越

人間の「意味への意志」が目指すもの

2022/11/11

人間の「意味への意志」は人間の良心と深く関わっています。

ReadMore

自己超越

自己超越としての「意味への意志」

2022/11/20

フランクルの「意味への意志」は自己超越的です。

ReadMore

心理学

意味への意志

2022/11/20

「意味への意志」とは最も人間的な意志であり、人間が生きている意味を求める意志なのです。

このことが人間が単なるロボットやコンピューターではない証なのです。

ReadMore

エネルギー

二つの意識レベル

2022/11/17

意識レベルには医療における意識レベルと魂(精神)の意識レベルの二つがあります。
この二つは全く別のものです。勘違いしないようにしましょう。

ReadMore

自己超越

ユーモアは自己超越の能力です

2022/11/20

ユーモアは人間誰もが持っている自己超越の能力です。

ReadMore

自己超越

人間の自由意志とは何か

2022/11/20

人間の自由意思は「錯覚であり、幻想である」ということが最近の科学的実験によって証明されてしまった!!・・・ようです。
人間の自由意志とは何なのでしょうか?

ReadMore

人生哲学

フランクルの人生肯定的世界観

2022/11/20

フランクルは一貫して人生肯定的世界観を唱えています。

ReadMore

フランクル

それでも人生にイエスと言う

2020年10月24日

この記事のココがポイント

人生を肯定することがアセンションへの道です。

人生肯定的世界観

「それでも人生にイエスと言う」というフランクルの著書があります。

それでも人生にイエスと言うことができる人間はどのくらいいるでしょうか。

もし、この言葉を本当に言うことができれば、アセンション(悟り)が出来たということになります。

フランクルは人生においてどのようなことがあっても、たとえ自分が死ぬことがあっても、自分の人生に対して「イエス」と言うことへの、人生肯定的世界観を唱えています。

この人生肯定的世界観は無条件の意味への無条件の信仰によってなされる人間の崇高な次元の高い言葉であり、崇高な精神的態度なのである。まさに高次元へのアセンションなのです。

関連記事・・・(無条件の意味への、無条件の信仰)

宗教心

フランクルは宗教的な人間は、この人生肯定的な世界観をすぐに受け入れることができるとしています。

なぜなら宗教的な人間は、自分の人生は神のご加護を得て成り立っているということを知っており、自分は神への使命感を持っているので、すぐに受け入れることができるのです。

これが信仰心なのです。

職業においても、宗教的な人間は、自分は神から与えられた天職だと理解しており、強い使命感をもって職業に就いているのです。

宗教的な人間は初めから高次元の精神を持つことができているのです。

フランクルが入った、アウシュビッツ強制収容所の中でも、宗教的な人間は、「神に栄光あれと」言って、堂々とガス室の中に入ることが出きたと言っています。

無神論者の宗教心

では、宗教的な人間ではない場合はどうであろうか、フランクルは強制収容所の中で、宗教的な人間ではなくても、人生において待っている誰か(親や恋人等)のため、ある何物か(仕事や趣味等、創造価値的なもの)のためなら、豚のごとくではなく、気高く生き延びて、天使となることが出来たと言っています。

おおよそ責任感のある者が収容所で生き延びることが出来たと言っています。

アメリカの新フロイト学派は、人間を自由を持ち未来を指向する存在としてみる考え方で台頭しました。

その新フロイト学派であるエーリッヒフロムは「何らかに向かって方向付けられていることが宗教心である」としています。

宗教心を、エーリッヒ・フロム流に考えて、宗教的な人間でなくても、価値や意味のある何かに精神を向けることが出来れば、宗教心は持つことが可能なのであり、アセンション(悟り)することが可能なのです。

問われた存在としての人間

「それでも人生にイエスと言う」この言葉は大変重みのある言葉です。なかなか口に出すのは難しいかもしれません。

しかし、人間は有限の命の中で、この人生という舞台の上で一体何ができるかを「神」から責任をもって答えを出せと問われた存在なのです。(フランクル)

我々は今現在、フランクルが入っていた、アウシュヴィッツ強制収容所というような極限の限界状況(ヤスパース)の中にいるわけではありません。

強制労働をさせられているわけでも、ガス室に向かわされているわけでもありません。

この比較的平和な世の中で生きているわけですので「それでも人生にイエスと言う」ことは決して難しいことではないはずです。

人間は、フランクルが言うように、今現在自分は自分の人生から何が得られるか、ではなく、自分は自分の人生の中で一体何ができるのかをもう一度、考えて決断し行動して、生きていかなければ、ならないのです。(これを人生観のコペルニクス的転回とフランクルは言っています。

関連記事・・・フランクルのロゴセラピー

生きる理由を見つける

フランクルはたびたび、フリードリッヒ・ニーチェの言葉を出して「生きる理由があれば、ほとんど、どのような状態にも、耐えることができる」として、生活の中で生きがいを見出せばどんな状態であろうと生きていけると言っています。

つまり、生きる意味、生きがい、生きる理由を見つければどんな人生でもイエスと言うことができるのです。

スポンサーリンク

私が使った商品ランキング№1

メガネが曇りにくいKN95マスク

日本製、N95超えマスク,五層構造マスク
 

丸山式コイル ブラックアイ

初めは、こんなもので痛みが解消されるはずはないと思っていました。

まあ騙されたと思って、腱鞘炎の腕に貼ってみました。

夜お風呂に入った後、私は医療用の大きめの救急カットバンでこのコイルを張り付けました。

丸山式コイルブラックアイ専用貼り付けシールが添付されているのですが、少し小さくて剥がれて亡くす恐れがあるからです。

朝起きるとほとんど痛みが消えていてびっくりしました。

亡くさなければ何度でも使用できます。

明日は会社を休もうかと思うほど痛かったのですが、不思議でした。

痛み解消の説明いろいろありますが、

要するに人間の有害 な電磁波をコイルによって打ち消してしまうと言う様な事ではないかと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

金の茶葉

人間が持っている自由と責任を自覚し、精神的次元を上昇をさせ、正しい決断をして、世界の平和と人類の繁栄を促していくサイトです。

-フランクル
-,